• 小児の鼻処置への取り組み

補聴器について

補聴器

当院では補聴器の装用に積極的に取り組みます。


補聴器は聞こえがとても悪い人が使うものと思われがちです。
また、補聴器など使ってもあまりいいことはないという方が多いです。
このような補聴器に対する誤解を解き、難聴の方たちによりよい生活を送っていただきたいと当院では考えています。


補聴器を聞こえがとても悪くなってから使いはじめると、音が聞こえることがとても不快です。
補聴器をはじめるのは、「最近聞こえが悪くなってきたが、何とかなっているしまだ大丈夫」という時期のほうが適しています。


当院では補聴器が必要かどうかといった相談にも対応します。


また、ずいぶん前からとても聞こえが悪いという方、補聴器を買ったことはあるけどうまく使えなかった方、当院ではそういった方たちが補聴器を使えるようになるまでお手伝いしたいと考えています。

関連リンク

Copyright(c) 喜多見やの耳鼻科 All Rights Reserved.